FC2ブログ

【モチーフよもや話】たまねぎ

久々の作品紹介です。
5904dabae792ba125af81c0643cbc3ed6a5b0602.jpg
ミニチュアタマネギのピアス 
https://minne.com/items/1407824

野菜シリーズのひとつとして作ったたまねぎです。
皆さんタマネギで思い出すのってどういう作品でしょうか。
作品紹介の機会に、私がこれまでで感動したタマネギをふたつ挙げてみます。

renoir_onions_1881.jpg
ピエール=オーギュスト・ルノワール 《たまねぎ》 1881. Oil on canvas
File source http://www.wikiart.org/en/pierre-auguste-renoir/onions-1881
タマネギなのにルノワールだと人目でわかるのと、人間の肌のような質感と色彩で
存在感ある活き活きとしたたまねぎが表現されていて感動!
自分は見そびれてしまったのですがプーシキン美術館展に来ていたようですね。

もうひとつは
妊娠カレンダー (文春文庫) 小川 洋子
http://www.amazon.co.jp/dp/4167557010
(fc2ではamazonリンクなくなってしまったのですね!不便…)

本編には全くたまねぎはでてこないのですが(笑)あとがきにおいて、
自身の単なる経験を買ってきたての玉ねぎに例えた上で、
それが「床下収納庫で人知れず猫の死骸になってゆくところに、初めて小説の真実が存在してくる」
という作者の小説観がなんとも言えず印象に残っています。

日常と髪一重の、薄い皮膜の向こうの世界で、人知れず発酵している何か―
そんなものの喩えにタマネギが出てくるのが面白いなと。
日頃よく目にするものが、いつの間にか決定的に変質しているような恐さがあって小川さんの小説は面白くておすすめです!

たまねぎひとつでいろんな表現があって面白いですね
一つのモチーフからの連想でいろんな世界を広げられたらいいなという思いで時々楽しく作品紹介できたらなと思います。
過去の記事はユーザータグの「モチーフよもや話」「作品紹介」もしくはカテゴリの「作品紹介」からご覧いただけます^^

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント