お知らせ及びリクエスト一覧

通信販売に関しましては、以下のサイトにて委託販売を行っております。
(画像クリックでサイトに飛ぶことが出来ます)
  

オーダー、リクエストについては追記にて

続きを読む

【出展情報】東急ハンズ京都店1F

2017/09/23-2017/10/13の期間、
東急ハンズ京都店1F入口
POP-UPショップ Creators Collectionにどうぶつマステを出展しております。

DSC01411.jpg

DSC0140302

DSC01393.jpg


・・
出展作家さん
アイスローリー(プラバン)
aietta(どうぶつマスキングテープ)
訓子(写真雑貨)
staccato(イラスト布雑貨)
ナウーシニクデザイン(シルクスクリーンプリント)
Flipps(子供服と雑貨)
Paint it Blue !!(レジンアクセサリー)
ユキ印(フェルト雑貨)

10月13日までの期間限定です。
よろしくお願いいたします^^

マステ新作

前回の投稿から著しく間があいてしまっていて申し訳ありません。
新柄マステが入荷いたしましたのでお知らせをば。

anemoneinko.jpg
ひとつめはアネモネとインコの散らし柄。
文鳥、セキセインコ、オカメインコ、ボタンインコ、アキクサインコ、マメルリハなど小鳥とアネモネなどお花のモチーフを詰め込んだデザインになっています。
うちでは初めての18mm幅です。

anemoneinko02.jpg
鳥さんモチーフが人気が高いので、ポップかつおしゃれに貼りやすいものをひとつと思い新しく制作してみました。


risu01.jpg
こちらは秋柄のテープ。小さな動物たちを詰め込みました。
リス、ヤマネ、アカネズミ、コミミハネジネズミ、モグラ、ハリネズミ、モモンガ、カンガルーネズミなど小動物と秋のモチーフを詰め込んだデザインになっています。

risu02.jpg
販売はhttps://minne.com/aiettaもしくはhttps://www.creema.jp/c/aiettaにて行っております。
画像クリックからも商品ページに飛ぶことが出来ます。
秋に向けて、手帳での気分転換のワンポイントなどにぜひお試しください♪

出店情報/Creema Store 2016/4/01-2016/04/15

2016/4/01-2016/04/15の期間ルミネ新宿2 2階のCreema Storeに出店させていただいております!
http://www.creema.jp/creemastore
Ce7CB_sUEAAopjK.jpg

今回はテーマが集まれアニマル!ということで、動物モチーフの作品をたくさん出品させていただきました。
18e78cc2b931efe54b1e2cf56a015508f165c280.jpg

c93fe9973dbca9cd3a642c0817d8475df11d824c.jpg

1058a2c67fe1f37e2c4848a7cdffdbd08e68e862.jpg
新作ブローチなどたくさん納品しておりますので、お立ち寄り頂けましたら嬉しいです。

【モチーフよもや話】たまねぎ

久々の作品紹介です。
5904dabae792ba125af81c0643cbc3ed6a5b0602.jpg
ミニチュアタマネギのピアス 
https://minne.com/items/1407824

野菜シリーズのひとつとして作ったたまねぎです。
皆さんタマネギで思い出すのってどういう作品でしょうか。
作品紹介の機会に、私がこれまでで感動したタマネギをふたつ挙げてみます。

renoir_onions_1881.jpg
ピエール=オーギュスト・ルノワール 《たまねぎ》 1881. Oil on canvas
File source http://www.wikiart.org/en/pierre-auguste-renoir/onions-1881
タマネギなのにルノワールだと人目でわかるのと、人間の肌のような質感と色彩で
存在感ある活き活きとしたたまねぎが表現されていて感動!
自分は見そびれてしまったのですがプーシキン美術館展に来ていたようですね。

もうひとつは
妊娠カレンダー (文春文庫) 小川 洋子
http://www.amazon.co.jp/dp/4167557010
(fc2ではamazonリンクなくなってしまったのですね!不便…)

本編には全くたまねぎはでてこないのですが(笑)あとがきにおいて、
自身の単なる経験を買ってきたての玉ねぎに例えた上で、
それが「床下収納庫で人知れず猫の死骸になってゆくところに、初めて小説の真実が存在してくる」
という作者の小説観がなんとも言えず印象に残っています。

日常と髪一重の、薄い皮膜の向こうの世界で、人知れず発酵している何か―
そんなものの喩えにタマネギが出てくるのが面白いなと。
日頃よく目にするものが、いつの間にか決定的に変質しているような恐さがあって小川さんの小説は面白くておすすめです!

たまねぎひとつでいろんな表現があって面白いですね
一つのモチーフからの連想でいろんな世界を広げられたらいいなという思いで時々楽しく作品紹介できたらなと思います。
過去の記事はユーザータグの「モチーフよもや話」「作品紹介」もしくはカテゴリの「作品紹介」からご覧いただけます^^